【縛りなし】楽天モバイルのメリットと僕の使い方【お得】

スマートフォン

とってもお得に使える「楽天モバイル」

✔︎ 300万人限定!「基本使用料金が1年間無料」

✔︎ Rakuten Miniが在庫限りなんと「1円」

✔︎ 6,300ポイントバック

とてもお得に使える楽天モバイル。

僕もRakuten Miniを購入し、楽天モバイルを契約したのでレビューします。

「楽天モバイルのメリット」や「楽天モバイルがおすすめの人」をまとめてみました。

楽天モバイルのメリット

ネットし放題【通信無制限】

Rakuten UN-LIMITは、4G回線のネットが容量無制限で使い放題です!

他社の格安SIMなどは「月〇GB」と通信容量が設定されていますが、Rakuten UN-LIMITはどれだけ使っても月2,980円です。

しかも、今なら2,980円が1年間無料です。

楽天回線エリアは首都圏に限られており、パートナー回線エリア(KDDI)の地域で使う場合は月5GBが上限となり速度制限がかかります。

速度制限がかかっても、安心のKDDI回線、「1Mbps」の速度で使い放題です。

多くの速度制限は128Kbps程度でYahooも開けないくらい遅いが、1MbpsならメールやSNS、LINEなら快適に、YouTubeも高画質にしなければ使えるので安心。

楽天回線エリアは、首都圏を中心としているが拡大中で1年以内に全国で使えるようになる予定です。

通話し放題【通話料無料】

Rakuten UN-LIMITは、通信無制限に加えて通話し放題です!

他社だと「○分まで無料」や「○回まで」と制限があることが多いが、楽天モバイルは一切制限がないので時間を気にせず電話ができます。

もちろん、電話をする相手が楽天ユーザーではなくても無料です。

無料通話をするには、Rakuten Linkというアプリを通じて電話をする必要があります。

電話アプリとほとんど変わらないので違和感はなく簡単に操作ができます。

縛りは一切なし!

楽天モバイルは2019年10月以降の契約なら、最低利用期間や契約解除料がかかりません。

多くのキャリアは契約期間や解除料金がかかるが楽天モバイルなら縛りが一切なし。

僕が契約するポイントになった部分です。

楽天モバイルがどの様な感じなのか、気軽に試すことができます。

僕は、1年間無料キャンペーンがあるので1年間じっくり使ってみて継続利用するか判断する予定です。

楽天市場でのお買い物の時に楽天ポイント+1倍

普段楽天を使っているユーザーなら知っていると思うが、楽天モバイルを使うと楽天でのお買い物のポイントが「+1倍」になります。

楽天では「買い回り」や「ポイントアップ」などが定期的に開催されているので、この「+1倍」組み合わせれば大きなポイントバックとなります。

Rakuten Miniが在庫限り1円

なんと、期間限定でRakuten Miniが1円で購入できます。

僕は5月下旬に20,000円で購入したのでかなり悔しいです。。。

コンパクトなスマホで、2台目としても使いやすく、ポケットWi-Fi代わりにしてもいいと思います。

端末のレビューは別の記事でしています。

今なら楽天ポイント「6300ポイントバック」

楽天モバイルを6月30日までにオンライン申し込みから契約すると、「3000ポイント」もらえます!

さらに、1年間無料キャンペーンの申し込み受付終了までに契約すると契約事務手数料分の「3,300ポイント」がもらえます。

端末は1円で購入できるので、ポイントもらえてとてもお得に導入できるのです。

1円で手に入る「Rakuten Mini」はどんな端末?

先日の記事でレビューしたが、2台目としてはとてもいいスマホです。

びっくりするほどコンパクトで軽量なスマホ。

画面が小さすぎるのでメインとして使うのは難しいが、僕は以下の使い方をしています。

✔︎お財布代わりにしている

✔︎Google Keepを活用して、メモ帳代わりにしている(意外とカメラもキレイ)

✔︎自転車に付けてナビ/サイコンに代わりにしている

✔︎Bose Framesとペアリングして、オーディオプレーヤー代わりにしている

これが1円で手に入るので、子ども用のスマホにしてもいいし、音楽用のプレーヤーとして使ってもいいと思います。

とにかく、どこにでも持って行きたくなるスマホです。

楽天回線はどのくらいの速度なのか

僕は、悔しいが1円になる前に「Rakuten Mini」を購入しました。

その、「Rakuten Mini」を使って楽天回線のテストをしてみます。

自分の今いる場所が楽天回線エリアなのか確認

楽天モバイルのアプリを開くと、上の部分に表示されます。

これで楽天回線エリアなのか、パートナー回線エリア(KDDI回線)なのか確認ができます。

僕のいるエリアは楽天回線エリアでした。

 

楽天回線エリアの回線速度

平日の夕方の時間帯にテストしました。

マンションの部屋の中で測定を行ってみました。

 

SoftBankやDocomoの4G回線と全く変わらないくらい高速です。

YouTubeもHD画質で楽しめるし、SNSやブラウジングでのストレスは一切ない。

(楽天エリア外ではKDDIの電波に切り替わるし、楽天エリアも不十分なので場所によっては速度が大きく異なる場合があります。)

楽天エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、愛知県、京都府の首都圏が中心だが、1年以内に全国に拡大する予定です。

通話品質

通話はクリアにできます。

充電しながら2〜3時間連続で電話をしていると、アプリが落ちてしまい通話が終了してしまうことがありましたが、1時間以内の通常の電話であれば全く問題なし。

またRakuten LinkはWi-Fi接続でも動作するので、電波状況がよくない環境でも通話ができます。

SMS(ショートメッセージ)も無料で送信できるのは素晴らしい点。

テザリング(ポケットWi-Fi)

試しにMacbook Proに接続してブラウジングしてみました。

接続は、Rakuten Miniの設定画面から「ネットワーク」「Wi-Fiアクセスポイント」を開きます。

MacBook ProのWi-Fi設定で、アクセスポイント名を見つけ、設定したパスワードを入力して接続完了です。

 

回線速度も測定したが、Rakuten Miniで測定した時とほぼ同じくらい。

45Mbpsというとマンションタイプの光回線と同じくらい高速です。

ブラウジング、SNS、YouTubeなどはストレスを全く感じることないと思います。

ポケットWi-Fiの用途にも十分対応できます。

楽天モバイル、Rakuten Miniはこんな人におすすめ

✔︎格安で2台目のスマホ、電話番号が欲しい人

✔︎楽天エリアである首都圏の人

✔︎月々の通信費、通話料を少しでも安くしたい人

✔︎ポケットWi-Fiを検討している人

✔︎楽天でよく買い物をする人

✔︎ガジェット好き

✔︎おサイフケータイに興味ある人

タイトルとURLをコピーしました