リビングのBGMには十分すぎる「BOSE SOUNDLINK REVOLVE」レビュー

BOSE SOUNDLINK REVOLVEスピーカー

僕が普段BGMスピーカーとして使用しているボーズ(BOSE)のBluetoothスピーカー「BOSE SOUNDLINK REVOLVE」のレビュー。

音質やデザイン、実際の使用感などについてお伝えしたい。

僕がこのスピーカーを購入しようと思った理由は

  • 気軽に聴ける高音質スピーカーを探していた
  • シンプルなデザインでインテリアにマッチする
  • バッテリーが内蔵していて長時間の再生ができる、できればアウトドアでも使いたい

が、ぴったりとマッチしていたからである。

スピーカーの仕様

スピーカーのサイズについて

高さ 15.2cm / 幅 8.2cm / 重量 660g

本体がアルミでできていることもあり、持った時にはずっしり感がある。

正直リュックに入れて持ち運ぶのはきついが、家の中での持ち運びであれば全く気にならない重量だ。

サイズは500mlのペットボトルとだいたい同じくらい。

円柱状で底面積はそこまで広くないので、かなりいろんな場所に置くことができる。

 

バッテリーについて

充電時間 4時間 / 連続再生時間 12時間 / 充電方法 micro USB

普段はBGMとして再生しているためか、バッテリーの持ち時間が少ないと感じたことはない。通常の音量であれば10時間くらいは使える。かなり長時間の再生ができる。

しかし、BBQで使った時はかなり大きめ(ほぼ最大)の音量で流していたこともあり7時間ほどでバッテリーライフが0となった。当たり前だ。

気になる点は、充電ケーブルがMicro USBというところ。

やはり、ケーブル類はUSB Type C で統一したい。

 

防水性能について

色々と調べてみたところ、防水性能はIPX4

いわゆる防滴なので、水で丸洗いをしたり水没をさせることはできない。

リビングで音楽を聴いたままお風呂に持ち込むことがしばしばあるが、狭い空間になると迫力が増して楽しい。

 

アルミでできたミニマルなデザイン

Bluetoothスピーカーとしては珍しいアルミで円柱状のデザイン。

まるでキッチンツールのよう。

最初は違和感があるが、家の中に置く自然と溶け込み悪目立ちしないところが気に入っている。

上下の部分はシリコンのような素材でできているので、落としても衝撃を吸収してくれる。

シルバーとブラックがあるが、僕はMacbookの色味に合わせてシルバーを購入した。

Apple製品の横に並べて使うとかなりGood。

 

カフェのBGMのような、360°サウンドに感動

僕が、このスピーカーを聞いてびっくりしたのはボーズなのに音がクリアに聞こえた点だ。

現在でもたまに使用している「BOSE SOUNDLINK MINI II」は音のバランスが低域に偏っていて、例えばポッドキャストやボーカル中心の楽曲などは声が聞き取りにくいことがあった。

SOUNDLINK REVOLVEは、ボーズサウンドらしい低音が出ていながらも抜けのある中高音域が楽しめる。

また、音が360°に広がる構造になっている。そのため、置いた場所の周りであれば均一に音が聞こえる。例えるなら居心地のいいカフェBGMみたいな音質。

どの位置にいても均一に音が出ているので、クリアに聞こえる。

おうちのリビングに置いてコーヒーを淹れれば、カフェのような空間がすぐに作り出せる。

夜になったら、お酒を飲みながらロックやダンスミュージックを流してライブハウスに。

 

Bluetooth以外の接続もできる

SOUNDLINK REVOLVEは、BluetoothだけではなくAUX(3.5mmステレオミニジャック)、Micro USBでの接続ができる。

AUX接続では、Bluetoothが搭載されていない古いiPodやTVなどとの接続ができる。TVでNetFlixやYoutTubeを再生する時のスピーカーとしても使える。

また、MacとUSB接続をすることで、給電をしながらMacの外部スピーカーとしても使える。バッテリーが減らないので便利だ。

 

価格について

BOSEの製品は大好きだけど、SOUNDLINK REVOLVEも定価で27,500円、とやっぱり価格が高い。

以前は店頭で音を確認して購入することが多かったけど、最近はレビューなどを確認してオンラインで購入する。

楽天などであればポイント還元率が高いし、楽天のボーズ公式ストアでセールを行っていることもあるし、30日間であれば使用しても返品が可能だ。

 

タイトルとURLをコピーしました