ステイホーム中にホームシアターを作ってみた。Anker Nebula Prizm IIレビュー

プロジェクター

 

僕は、ほとんどテレビ(地上波)を見ない。

テレビを見始めてしまうと、他に作業している手が止まってしまって全く進まなくなるからだ。

地上波は全く見ないけど、まとまった時間があるときにNetflixやPrime Videoで映画は観る。

ストリーミングサービスは好きな時に好きな映画が観れるから気楽でいいし、CMが入らないのでストレスフリーだ。

僕の周りにも同じような人は多い。

ステイホーム中に友人と色々話していて「映画は大画面で見たい。でも、映画館に行けないよね。」ってことで、Amazonでセールだったプロジェクターを勢いで購入した。

Amazonのセール価格は23,000円ほど。かなり安かった。

ひょんなことから購入した、手頃な価格でFull HD画質が楽しめる「Anker Nebula Prizm II」のレビューと僕の使い方をご紹介。

外観は、THE プロジェクター

第一印象は、至って普通のプロジェクターという感じ。

全体は黒で統一されており、側面には通気口があり、天面はファブリック素材になっている。

天面の丸い部分は電源ボタン。リモコンでも操作できる。

ファブリックには赤いタグが付いており、本機の名前「Nebula」が記されている。

ソファの様なデザインでリビングに置いた時に溶け込みやすい。

サイズ感は大きくも小さくもなく、どこにでも設置できる。

スペック

解像度1920 x 1080 画素
輝度200 ANSI ルーメン
投影画像サイズ20-120インチ
光源LED
コントラスト比1500:1
投影距離0.9m-3.6m
台形補正機能水平および垂直(±40°)
スピーカー5W×2 (合計10W出力)
フォーカス調整マニュアル
寸法L280mm × W270mm × H100mm
重量2.4kg

やはり一番の特徴は解像度がFull HD画質というところ。

実際に写っているものを見ても、2万円代にしては高画質。

僕は投影を壁から3メートル以上離し、ほぼ最大の120インチで使用している。

一般的なマンションのリビングであれば迫力満点すぎるくらいだ。

重量も2.4kgと、そんなに重くはないのでどこにでも置ける。

本体の下には角度調整用の足が付いているので微調整が可能。

また、10Wのスピーカーも内蔵しているので、Apple TVやAmazon Fire TV Stickを繋いでそのまま再生しても楽しめる。

付属のリモコンを使って電源オンオフや本体の調整ができるので高い位置に設置しても問題ない。

背面には電源入力、USB入力、HDMI入力、3.5mmステレオミニオーディオ出力が備わっている。

背面の入力端子にiPhone(スマホ)やApple TV、Amazon Fire TV Stickを接続すれば再生ができる。

おすすめはAmazon Fire TV Stick。

3.5mmステレオミニオーディオ出力から外部スピーカーに接続してより高音質で楽しむことができる。

ダイニングキッチンに設置

僕の家は見える場所にモノをほとんど置いていないので、棚やラックがない。

プロジェクターを置く場所はただ一箇所、「ダイニングキッチンの棚」だ。

「キッチン上の1.8mくらいの高さにある棚に設置」

位置を決めたら、すぐにネットでモール(配線を隠す樹脂製のカバー)を注文。

2時間かけて、5.1chスピーカーとの接続配線をきれいにモールで処理した。

「Apple TV、Amazon Fire Stick、Nintendo Switch」3台をHDMIケーブルで「5.1chスピーカー用のアンプ」に接続、

そして「5.1chスピーカー用のアンプ」からHDMIケーブルで「Anker Nebula Prizm II」へ接続。

壁が白いので、スクリーンは用意せず直接壁へ投影することにした。

このNebula Prizm IIの設定はほとんどない。

電源を入れ、言語設定をして、手でレンズ周りのリングを周りフォーカスを調整するだけ。

ほぼ半日で、自分だけの映画館を作り上げた。

初めてのプロジェクターだったが、設置はすごく簡単にできた。

(この辺りの配線やモール処理に関する詳細記事は後日アップする。)

Full HD画質に大満足

自宅でこんなに映画に没頭したのは初めてだ。

以前使っていたテレビが40インチだったので、壁一面に映る120インチの大迫力で映画を観るのは本当に楽しい。

過去に観た映画を何本か観たが、映画館よりも楽しんで見ることができた。

Full HD画質なので、ドットが目立つことはないし、字幕もはっきりと表示されて読みやすい。

冷却ファンの音は、鳴っていることはわかるがそこまで大きな音ではないので気にならなかった。

映画以外にも、YouTubeやAbemaTV、ドラえもん等アニメも観てみた。

壁一面に映るAbemaニュースやYouTubeはとても未来感がある。

アニメは劇場版でなくても、どことなく映画のように楽しめた。

プロジェクターは大人でも子どもでも楽しめるアイテムだ。

しかも、プロジェクターの電源を消せばただの壁に早変わり。

テレビやテレビボードが必要ないので、家がスッキリする。

使ってみて気になった点

・明るさが200ANSIルーメンなので、昼間はカーテンを閉めないと映像が薄くなってしまって観にくい。

・台形補正に関しては、縦向きは補正しやすいが、横向きは厳しい。できる限り真正面に投影する必要がある。(補正できるが画面一部のフォーカスが合わなくなる)

・天井にマウントするためのねじ穴はあるが、直接三脚には立てられないので設置場所はしっかり考える必要がある。

・10Wの内蔵スピーカーはそこまでパワフルではないので外部スピーカーをつけるべし。

・Androidが入っていないので、プロジェクター単体でのストリーミングやワイヤレス接続ができない。

など、いくつか気になる部分があるが、価格がかなり安いので我慢できる。

 

まとめ

Anker Nebula Prizm IIは、低価格でFull HDが楽しめるプロジェクター。

Android OSは入っていないが、映画好きで、すでにApple TVやFire Stickを持ってる人なら間違いなく楽しめる1台だ。

タイトルとURLをコピーしました